東浩紀『テーマパーク化する地球』特設ページ



  
 

 




哲学し、対話し、経営する
悩める批評家の軌跡
ぼくたちは、
人間であり続けるために、
等価交換の外部を
いつも必要としている

批評家として、哲学者として、そして経営者として、独自の思索と実践を積み重ねてきた東浩紀。その震災以降の原稿から47のテクストを選び出し、「世界のテーマパーク化」「慰霊と記憶」「批評の役割」を軸に配列した評論集。世界がテーマパーク化する〈しかない〉時代に、人間が人間であることはいかにして可能か。平成に併走した批評家が投げかける、令和時代の新しい航海図。





試し読みはこちら!⇒「2 2012年3月 カリブ海」

【目次】
1 テーマパーク化する地球
テーマパークと慰霊
テーマパーク化する地球
観光地化するチェルノブイリと革命の暴力
ニセコの複数の風景
イスラム国はなにを奪うか
ソ連と崇高2 慰霊と記憶
原発と是非の壁
四年後の三月一一日
三里塚の怒り
「フクシマ」へのふたつの道
観光地化計画はなぜ失敗したのか
慰霊と脱政治化
埋没費用と公共性
代弁の論理と『苦海浄土』
鉄原と福島の余白に
イ・ブルの政治的身体
復興とSF
原発は倫理的存在か

3 批評とはなにかⅠ
『動物化するポストモダン』のころ
情報と哲学
人文学と反復不可能性
霊と批評
批評家が書く哲学書
払う立場
虻としての哲学者
デッドレターとしての哲学
職業としての批評
批評とはなにか

4 誤配たち
「新日本国憲法ゲンロン草案」起草にあたって
憲法とやかんの論理
『一般意志2・0』再考
妄想\
イデオロギーからアーキテクチャへ
あまりにもリベラルな「トーキョー」のすがた
性は政治的に正しくありうるか
遅れてきたゼロ年代作家
『鳳仙花』のタイムスリップ
からっぽの引き出しに見ていたもの
小ささの時代に抗して
死を超える虚構の力
ウェルカムアートのユートピア
政治のなかの文学の場所
『虚航船団』の呪い
この小説こそが批評である
幸せな戦後の終わり
哲学者は自由でいい

5 批評とはなにかⅡ
運営と制作の一致、あるいは等価交換の外部について

おわりに

 


書店員のみなさまへ

ゲンロンの商品は、トランスビューの取扱で納品いたします。ご注文の際は、以下までお電話またはFAXをお願いいたします。

Tel:03-3664-7333/03-3664-7334 Fax:03-3664-7335

直接取引の条件は、トランスビューの商品とすべて同じ(随時返品可)です。取次ルートの場合は、八木書店経由(買切・返品不可)となります。トランスビューとのお取引がないお店からのご注文の際は、弊社からご連絡いたします。ご注文は1冊からお気軽にどうぞ。

テーマパーク化する地球 注文FAX